エコと就職についてです。日本は景気が一向に上向かず、失業率も高く就職活動も大変な状態です。リストラも盛んに行われており、製造原価を安価に済ませるために外国でものを作ろうとする企業も多いという状況にあります。景気や雇用の対応もしているようですが、新卒採用も余り気味で、中途採用先を探すこともなかなか大変のようです。新たな就職先として注目されているのは、エコ活動を中心とした環境保全に関連する分野です。二酸化炭素の排出制限をはじめとする環境問題は、世界規模での大きな問題です。エコに対するさまざまな取り組みが各地で積極的に行われています。日本国内でも、政府の助成金などを得た太陽光発電や電気自動車など、エコ活動が盛んに行われています。エコは、今後の発展性が見込める期待のできるビジネスになるといえるのではないでしょうか。実際、新しい就職先としてエコ関連企業への求人は年々増加しており、今後もますます増えるといわれています。エコ関連企業は比較的新しい会社も多いため、再就職先としても注目を集めており、企業側も即戦力として期待をしています。今後はモノを生産するだけだった大手製造メーカーでも、リサイクルをはじめとした事業展開を新たに進めています。就職先を検討する際は、エコを扱う企業もいいのではないでしょうか。http://www.mistressastrid.com/